借地権の相続放棄

住宅やオフィスを建てるための土地は、購入する以外の方法として、その土地の持ち主から借りるという方法があります。
土地を借りて、そこを使うことができる権利のことを借地権といいます。
借地権を有していれば、たとえばその土地の上に建物を建てることができるのです。
そして、その建物に関しては本人のものとなります。
ただし、土地は自分のものではなく、あくまでも借りているだけです。


借地権を持っている人は土地に関する税金を支払う必要はありません。
ただし、土地所有者に対しては地代を支払うことになるため、結果的にお金を支払うことになります。
法律によって、借地権を有している人はさまざまな保護を受けています。
もし、急に土地の所有者から立ち退きを求められたとしても、それは借地権者にとっては著しい不利益となるからです。
借地権に関してはさまざまな法律が関わっているため、きちんと理解しましょう。


実は借地権というのは相続の対象となります。
相続を必ずしなければいけないわけではありません。
相続放棄をするという方法もあります。
不利な借地権の契約がされている場合には、相続放棄をした方がメリットが大きいというケースもあるからです。
ただし、相続放棄をするためには法律によって定められた手順を踏んで行動しなければいけません。
当サイトでは、借地権の相続放棄をするための方法について詳しく解説しています。
これから、借地権の相続放棄をしたいと考えている方は参考にしましょう。

Copyright © 2014 借地権を相続放棄した時の手順 All Rights Reserved.